あらためて大切なことに気付かされました

今日は十数年振りに腕時計を新調してきたのですが、思いがけずとても貴重な体験をすることができました。


この時計は素材違いのモデルを幾度となく試着しているので、手首が細い私にはMサイズがピッタリだと思っていました。


発売されて間もないこともあり、迷わずMサイズを予約して取り置いてもらっていたのですが、本店のベテラン店員さんはさりげなくLサイズを隣に並べるのです。


Lサイズだと私にはやはり少し大きく感じるのですが、その店員さんに水を向けられ、大きな姿見の前に立ってみると、むしろMサイズだと明らかにバランスが悪いのです。


本当に驚きました、腕に嵌める小さなものだから、時計を嵌めた腕ばかりを見ていたのですが、洋服はもとより、靴やアクセサリーのように、引いて全体を見てみないといけないんですね。


とくに男性は、小さな機械モノが大好きですから、よく見ようとすればするほど、どんどんモノに近づいていってしまいます。


コーヒーのカッピング、ワインや紅茶のテイスティングも同じですね、細かく味わいや香りを採ろうとすればするほど、枝葉ばかりを見てしまい、森はおろか木さえも見失ってしまいます。


ベテランの店員さんでいらっしゃることもさることながら、女性の感性にはあらためて感心させられます。


腕時計を新調しても、私がつくるコーヒーが美味しくなりはしませんが、思いがけずあらためてとても大切なことに気付かされました。

f0203335_00213822.jpg


[PR]

# by hibaricoffee | 2017-09-12 00:20  

ご贔屓いただきましたコーヒーが完売いたします。

深みのコスタリカ ロサンゼルス農園 ラカーサが完売いたしました。ありがとうございました。

中央アメリカから8月に届けられる予定だったコーヒーの到着がかなり遅れております。

コスタリカやグアテマラのコーヒーにつきましても、10月初旬にはご紹介したいと思いますので、ご不便をお掛けいたしますが、いましばらくお待ちくださいませ。
f0203335_22375548.jpg

[PR]

# by hibaricoffee | 2017-09-05 02:35  

ひばりこーひーの新しいコーヒーをご紹介いたします。

ひばりこーひーの新しいコーヒーをご紹介いたします。

グアテマラからひと足先に、新しいコーヒーが届きました。

数あるグアテマラのコーヒー生産地でもひときわ抜きん出た土地「ウェウェテナンゴ」。
そのウェウェテナンゴのなかでも特別な場所、エルインヘルト川を挟み急峻な山々が眼前にそそり立つ「エルインヘルト渓谷」に大農園ラボルサはあります。

この広い農園の中を歩き続けるていくと、突如として目の前が開け、自然が造り出した大きな岩の門が現れます。ここが、ラボルサ農園の特別なエリア「リベルタッド」への入口です。

岩が造る大きなアーチの向こうには、切り立つ壁のような山肌一面に広がる真紫に熟すコーヒーの樹々。この特別なエリア、リベルタッドで採れた完熟したコーヒーチェリーからさらに選りすぐられた最高のものが「グアテマラ リベルタッド農園 レゼルバ」です。

澄んだ花のような香りに、上品でボディのあるまろやかな甘さ、白色や緑色の果実達も見え隠れしながら余韻まで滑らかな質感は、まるで熟成されたブルゴーニュの白ワインのよう。

まさに、エルインヘルト渓谷を代表するにふさわしいコーヒーです。
f0203335_1545826.jpg

[PR]

# by hibaricoffee | 2017-08-31 01:55  

阿藤ギャラリーを訪ねて

今日は、南青山にある西洋アンティークのお店「阿藤ギャラリー」を訪ねて来ました。

オーナーの阿藤さんは、テレビ番組「開運!なんでも鑑定団」や「極上!お宝サロン」の鑑定士としてもご活躍ですので、ご存知の方も多いと思います。

すっかりご無沙汰してしまい、実際にお会いするのはもう二十数年振りなのですが、阿藤さんは全くお変わりなくてびっくり。

でも本当にびっくりなさったのは、すっかり変わった私を見た阿藤さんですね(笑

ギャラリーでは、スタッフのNさんがイギリスのアンティークで、シルバーのチェーンにパールのクロスが下がったとても素敵なペンダントに一目惚れ。

パールのクロスには、銀細工のキリスト像が丁寧に組み付けられている凝ったもの。

また一つ励みができましたね、また明日から頑張りましょう!
f0203335_01271152.jpg


[PR]

# by hibaricoffee | 2017-08-22 01:24  

夏休みも今日で終わり

ひばりこーひーの夏休みも今日で終わり。
しっかり焙煎も終えて、明日からの準備も万端です。

いつものようにあっという間のお休みでしたが、今年の夏は思いもかけない宿題が出ました。

それでは、さっそく課題を解いてゆきましょう。
思案のすえ、同じ畑の違う作り手のワインを味わってみることにしました。

果たして、なんということでしょう!

ワインの香りや味わい一つひとつは同じもの、なのに今度はなぜこれほどに美味しく感じるのかがわからない!
f0203335_20474808.jpg


[PR]

# by hibaricoffee | 2017-08-18 20:45