コーヒーを楽しむ会 VOL.4を催します

2019年1月20日、コーヒーを楽しむ会 VOL.4を催します。


ご好評をいただきました10月のVOL.3と同じ内容でいたします。


おいしい苦みを感じるしっかりめのコーヒーと、やさしくまろやかなコーヒーをご自身で淹れながらお楽しみいただきます。


ご自宅でお使いの器具で、淹れ方のコツやおいしく淹れるポイントもあわせて試してみませんか。

(普段お使いのドリッパーやサーバー、ドリップポットをご持参ください。器具をお持ちでない方は貸し出しもいたします)


ご一緒に大好きなコーヒーともっと仲良くなれる一日にいたしましょう。


どうぞ、お気軽にご参加ください。


日 時:1月20日(日曜日)13時〜14時

定 員:6名(先着順で初回の方を優先)

参加費:無料・要予約


会 場:自由学園しののめ茶寮(2階 小会議室)

東久留米市学園町 1-8-33

お問い合わせ・お申し込み:ひばりこーひー

電話 042-425-7301

f0203335_00014381.jpg


# by hibaricoffee | 2018-11-30 00:01  

ひばりこーひーの新しいコーヒーをご紹介いたします。

ひばりこーひーの新しいコーヒーをご紹介いたします。


幕を開けた平成最後のホリデーシーズンに、ひばりこーひーはひときわ華やかな香りにつつまれます。


パナマ エスメラルダ農園 ゲイシャ ミルキニエントス

世界最高のコーヒー農園として双璧をなす、エルインヘルト農園とエスメラルダ農園。


この二つの農園はともに、まるで宝石のような魅力的なコーヒーを生み出す中央アメリカ在りながら、最北端のグアテマラ、最南端のパナマという対極に位置しています。


その味わいも対照的で、エルインヘルト農園のコーヒーの艶やかさを纏った妖艶な魅力は、まるでフランスブルゴーニュ北の銘醸地から生まれる赤ワインのよう。

対するエスメラルダ農園の魅力は、ブルゴーニュの南を聖地とする白ワインが持つ、凛とした気品と相まった華やかさに通じます。


世界最高の赤ワインと白ワインに倣うように、あたかもすべてが対になっているかのよう。


そんなコーヒーの世界の頂きに君臨するパナマのエスメラルダ農園から、「パナマ エスメラルダ農園 ゲイシャ ミルキニエントス」をご紹介いたします。


口に含むと、まるでキャラメルのように深く濃密な甘さと、ジャスミンの鮮やかな香りが広がり、レモングラスのハーバルな芳香が鼻をくすぐりながら、ジンジャーの華やかな余韻へと続いてゆきます。


エスメラルダ農園が育んだ、コーヒーの原種「ゲイシャ種」が持つ、まるで極上のブルゴーニュワインようなこの上なくエレガントな魅力を、どうぞ心ゆくまでご堪能ください。


ドルチェ 〜スペシャルブレンド〜

冬の澄んだ夜空には星々が煌めき、街は明滅するイルミネーションの鮮やかな光で溢れる、そんな一年で最も華やかなホリデーシーズンを彩るブレンドコーヒーの登場です。


ブレンドにエルインヘルト イエローナンスを奢り、フランスのシャンパーニュ地方のスパークリングワイン「シャンパン」の味わいをイメージして仕立てました。


カフェシュエット 〜深煎りコーヒーバッグ〜

1袋づつの使い切りで、ティーバッグのようにお湯を注ぐだけで気軽に淹れられる人気のコーヒーバッグに、ビターテイストが楽しめる深煎りのブレンドコーヒーが加わりました。


旅先やオフィス、朝から深夜まで、場所や時間を選ばずに、誰もがいつものように魅力溢れるコーヒーをお楽しみいただけます。

f0203335_22373835.jpg


# by hibaricoffee | 2018-11-29 22:37  

南沢バザーでお待ちしております。

今日は、紅葉の美しい自由学園キャンパスで催されている南沢バザーに来ています。


澄みきった空気に、日差しのほのかな暖かみが残る、心地の良い日和になりました。晩秋から冬へと向かう季節の移ろいを感じながら、どうぞお出かけください。

f0203335_11511125.jpg


# by hibaricoffee | 2018-11-25 11:50  

ひばりが丘の素敵なパティスリー

今日はいち日、新しいコーヒーバッグに始まり、山のような荷物の搬入に、イベントの準備も重なって、目が回るほどの忙しさになりました。


閉店後の片付けと終わらない仕事でヘトヘトになっているハズなのですが、スタッフのNさんとふたり閃いたかのように、いまから先週オープンしたパティスリーへ行ってみようと。


祝日で早仕舞いの今日なら、まだ間に合う。

このチャンスを逃したら次はないとばかりに、後片付けも早々にキリの良いところで店を飛び出し、息を切らせながらNさんの自転車のあとを駆け足で追いました。


やっとこられた「ル マグノリア」。

もう残っているものは多くないですが、どれも美味しそうなものばかりで息を切らせて飛んで来た甲斐がありました。

もちろん、お目当ての生菓子も冷ケースに。


シェフもいらしてご挨拶することができたのですが、初対面のつもりでお会いしてびっくり、オーナーの伊東シェフは、ひばりこーひーのお客さまだったのです。


焼き菓子から生菓子まで通じるのは、なによりも口どけ、そして歯ざわりから舌ざわりまでの食感、なか口からあと口にかけて広がってゆく良質な香り、加えて余韻の甘さの質と量感がとても魅力的なんです。


ひばりが丘にとっても素敵なパティスリーができました!

f0203335_23474534.jpg


# by hibaricoffee | 2018-11-23 23:47  

パティスリー・ショコラトリー「ル マグノリア」

ひばりこーひーからバス通りを歩いて5分ほど先にオープンしたパティスリー「ル マグノリア」。


オープン前よりスタッフと皆で注目していたのですが、私ひとりどんどん先を越され、まだひと口も味わわないうちに、皆からの感想で耳だけが肥えてしまいました。


先週の木曜日にオープンされてからはや一週間、嬉しいことにお客さまやスタッフの皆から、私も美味しいおすそ分けをいただいて、今日はチョコレートまで。


ル マグノリアさんは、パティスリー(生菓子や焼き菓子の店)とともに、ショコラトリー(チョコレートの店)の名も掲げていらっしゃるので、ぜひチョコレートも味わってみたかったのですが、頬が緩むほど本当に美味しいボンボンショコラでした。


生菓子もはやく味わいたいのですが、この時期はコーヒーの店も大忙し、いつになったら行けることやら。

f0203335_23114993.jpg


# by hibaricoffee | 2018-11-21 23:11