送料改定のお知らせ

送料改定のお知らせ

運輸業界の法人契約運賃の値上げが実施されましたが、どちらにお住まいのお客さまにも日々の暮らしのなかでひばりこーひーを気軽に楽しんでいただけますよう、送料のご負担が出来るだけ少なくなるよう努めました。

*改訂後の送料(消費税込み)2017年10月1日より

☆本州 一律(コーヒー豆の代金:送料)
・3,500円未満:送料600円
・3,500円以上5,000円未満:送料400円
・5,000円以上:送料無料

☆北海道、四国、九州(コーヒー豆の代金:送料)本州の送料+200円
・3,500円未満:送料800円
・3,500円以上5,000円未満:送料600円
・5,000円以上:送料200円

☆沖縄県(コーヒー豆の代金:送料)本州の送料+400円
・3,500円未満:送料1,000円
・3,500円以上5,000円未満:送料800円
・5,000円以上:送料400円

*通信販売をご利用のお客さまに添えさせていただいておりました100gのお試し用のコーヒーにつきましては、申し訳ございませんが今回をもちまして終了させていただきます。

いろいろご負担をおかけいたしますが、ご了承くださいますようよろしくお願いいたします。

*別途、代金引換手数料 一律324円はお客さまのご負担となります。
*グループでのご注文の際は、人数をお知らせください。
 メニューや小分け袋等を人数分同梱いたします。
f0203335_23182063.jpg

[PR]

# by hibaricoffee | 2017-10-03 23:33  

「好き、嫌い」のその先へ

少し前に飲んだ白ワインが悪いところは全くないし、際立つ味や香りもあるのに、いまひとつ美味しさを実感できないでいました。

わたしの好みにあわないということでしょうか。

そこで、同じ畑のぶどうで、別の作り手の白ワインを飲んでみました。

じっくりと味わうと、共通の味や香りがしてきます。

そして、このワインは素直に美味しいと思いました。不思議です。

微妙な違いが感じ方の違いにつながっているのでしょうか。

イチバンの関心事となって、それ以来とりとめなく考えを巡らせることに。

先日、ワインの本に、人は自分の知らないことや、少しでも複雑なものにであったとき、単純に「好き、嫌い」で整理しようとするというようなことが書かれているのを見つけました。


なるほど、その「好き、嫌い」の先に、好きなもの、良いもの、を分けて感じ、より深く楽しく味わえる世界があるのですね。


これからその賞味の世界へと我が身を投じてゆきます。

f0203335_22034683.jpg

f0203335_22041732.jpg


[PR]

# by hibaricoffee | 2017-10-02 22:02  

ひばりこーひーの新しいコーヒーをご紹介いたします。

ひばりこーひーの新しいコーヒーをご紹介いたします。

ケニア キイ農園
華やかな花の香りに甘く滑らかな味わい、ピーチやクランベリーが長い余韻へと続きます。

東アフリカで赤道の真下に位置する、コーヒー生産国のなかでも最も恵まれた環境を持つ国、ケニア。

ケニアコーヒーは、ひときわ明るく爽やかで、甘く熟したフルーツの濃密な香りに濃厚な果実味を持った、このうえなくフルーティーなコーヒーです。

赤道直下で、太陽から降り注ぐ恵みをいっぱいに浴びたコーヒーの実は、トロピカルフルーツやワインを感じさせる溢れるばかりに鮮やかな魅力を放つのです。

なかでもキイ農園のコーヒーは、若々しい白ワイン、たとえばシャルドネのパイナップルのような瑞々しい魅力が感じられたンディアラ農園のコーヒーに対して、洗練された味わいのなかにコニャックのような魅惑的なニュアンスさえ感じられる、大人の味わいを持ったケニアと言えるでしょう。
f0203335_23172137.jpg

[PR]

# by hibaricoffee | 2017-09-21 23:23  

ひばりこーひーの新しいコーヒーをご紹介いたします。

ひばりこーひーの新しいコーヒーをご紹介いたします。

ボレロ ~秋のブレンド~
栗やカボチャ、芋を使った秋のスイーツを思わせる、ふくよかで甘く、まったりとした「ひばりが丘の四季」を味わう秋のコーヒー

ひばりこーひーでも、さっそく秋のスイーツを皆で囲んで、コーヒーや紅茶を淹れながら楽しんでいます。

その一方で、いつから日本の気候は四季から、雨期と乾期という二季になってしまったのでしょうか。

季節の移ろいは薄れて、極端から極端へと一瞬に切り替わってしまう有り様を肌で感じます。
それでも変わらずに鳴くことをやめぬ蝉や鈴虫の声を耳にすると、かつての季節の移ろいを感じさせてくれます。

同じように季節ごとの旬の食べ物や飲み物が、これからも私たちに四季を感じさせ続けてくれるのであれば、味わうということはこれまでに増してかけがえのない大切なものとなりそうです。

季節のブレンドをつくりながら、私もいままで以上に感性を磨いてゆきたいと感じています
f0203335_11343982.jpg


[PR]

# by hibaricoffee | 2017-09-14 23:57  

深煎りのコスタリカ ロサンゼルス農園 ラカーサ

先日、完売いたしました深煎りのコスタリカですが、日本に向かっている生豆の到着を待たず、再びご紹介出来ることになりました。

嬉しいことに、同業の友人が自分の分から大切な生豆を譲ってくれたのです。

そんな気っぷの良い友人は、開業前からセミナーというセミナーでいつも顔を合わせ、コーヒーを通して互いに切磋琢磨し合ってきているYさん。

ひばりこーひーの一年後に開業した、いわば、ひばりこーひーの妹です。

振り返ると、もうすぐ10年にもなるイチバン長い友人。

持つべきは友ですね。心より感謝を込めて、いつもありがとう!
f0203335_22562436.jpg

[PR]

# by hibaricoffee | 2017-09-12 22:58