人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ル マグノリアからスイーツになったコーヒー「マカロン カフェ」をご紹介いたします。

パティスリー ル マグノリアの伊東シェフが、まるでスコッチウイスキーのような魅力を持ったコーヒー、スペシャルブレンドのグランモランジュを贅沢に使って「コーヒーマカロン」に仕立てました。


コーヒーの香りとラムレーズンの味わいが大人を虜にする素敵なマリアージュを、マカロン カフェで心ゆくまでお楽しみください。


ひばりこーひーが、とても美味しいスイーツになりました。

ル マグノリアからスイーツになったコーヒー「マカロン カフェ」をご紹介いたします。_f0203335_01002238.jpg


# by hibaricoffee | 2021-06-24 01:00  

ひばりこーひーの新しいコーヒーをご紹介いたします。

ひばりこーひーの新しいコーヒーをご紹介いたします。

(※4月からメニューが税込価格表示になりました)


東アフリカは、世界に散っていったすべてのコーヒーの生まれ故郷。

その東アフリカから、エチオピアコーヒーに続いて、ケニアのコーヒーが届きました。


赤道の真下に位置する最も恵まれた環境を持つ国、ケニア。

ケニアコーヒーは、ひときわ明るく爽やかで、甘く完熟したフルーツの濃密な香りに濃厚な果実味を持ったコーヒーです。


赤道の真下で、太陽から降り注ぐ恵みをいっぱいに浴びて、トロピカルフルーツやワインを思わせるあふれんばかりに鮮やかな魅力を放ちます。


ケニア キイ農園

華やかな花の香りに甘く滑らかな味わい、ピーチやクランベリーが長い余韻へと続きます。


パナマ エスメラルダ農園 ダイヤモンドマウンテン 

グアテマラのエルインヘルト農園とともに、世界最高のコーヒー農園として双璧を成すパナマのエスメラルダ農園。


そのエスメラルダ農園の際立つ魅力は、他を寄せつけない華やかさと気品にあります。


ダイヤモンドマウンテンもまた、華やかさに繊細さと複雑な香りを纏う、まるでフランスの銘醸地のワインを思わせる魅力を放ちます。


ひとくちで夢心地にさせられるブルゴーニュワインのような魅力をどうぞお楽しみください。


インドネシア タノバタック農園 マンデリン

選りすぐりのマンデリンだけが持つ、世界中のどのコーヒーとも違う際立つ個性。


クリーミーな舌触りとともに、アーシーと呼ばれる大地の香りを濃厚な果実味が包み込んで、あとくちにはカカオを感じながら余韻はまったりと深みを増し、まるでドライフルーツのような濃密な香りと厚みのある甘さに包まれてゆきます。


年に2回ある収穫期ごとに微妙にテイストが変わるマンデリンですが、ひばりこーひーが選ぶのはメインの収穫期にあたるもの。


このように選りすぐればえりすぐるほど、もともと生産量の少ないコーヒーですので、これまでは充分な数を揃えることが難しかったのですが、今期からは一年を通してマンデリンをお楽しみいただけることになりそうです。


どうぞご期待ください。


グランモランジュ 〜スペシャルブレンド〜

特別仕立てのブレンドコーヒーが、明日館公開講座「紅茶の回」から飛び出して、ひばりこーひーのメニューへ。


花の香りに包まれながらどこまでも続くまろやかでエレガントなあとくち、ドライフルーツやウッドスモークの余韻、まるでスコッチウイスキーのような6月のスペシャルブレンドです。


タンゴ 〜夏のブレンド〜

まろやかな味わい、なめらかなくちあたり、余韻の甘く豊かな果実味と柑橘系の爽やかさ、心地よい清涼感のある余韻を味わっていただけるようにつくりました、「ひばりが丘の四季」をお楽しみください。

ひばりこーひーの新しいコーヒーをご紹介いたします。_f0203335_02195164.jpg

# by hibaricoffee | 2021-06-08 02:19  

今日から池袋で全3回の明日館公開講座が始まります。

今日から池袋で全3回の明日館公開講座が始まります。


初回は、チェリーに生豆と焙煎豆を手に取ってスタート。

今日から池袋で全3回の明日館公開講座が始まります。
_f0203335_13041665.jpg

# by hibaricoffee | 2021-05-20 13:03  

池袋で自由学園明日館と催すコーヒー講座。

池袋はひばりが丘の、西東京市の表玄関。


その池袋で自由学園明日館とひばりこーひーがコーヒー講座を催すことになりました。


自由学園しののめ茶寮で催してきた「楽しむ会」から飛び出したもうひとつの舞台は、重要文化財にも指定されている自由学園明日館。


なかでもフランク ロイド ライトが本建築の中心に据えた「食堂」を、このコーヒー講座のために特別に使うことが許されました。


明日館の食堂をコーヒーの香りと笑顔で満たしながら、コーヒーをホスト役に、紅茶やチョコレート、ときにはワインやあっと驚くような「コーヒーを取り巻く素敵な隣人たち」をゲストに迎え、全3回にわたり味わいの世界を楽しむ会。


「コーヒーの世界へ飛び込もう」とタイトルを掲げ、1月の冬の回から始まったコーヒー講座、5月からの夏の回も満席となっておりますが、ブログやSNSでは冬の回を振り返りながら、今月から始まる夏の回をご紹介してゆこうと思います。


毎回最後を飾るゲストは、ペアリングに招くとっておきのスイーツたち。


夏の回最初は、「いまこのときだからこそご紹介したい」という私の強い想いから、なかば強引に口説き落としたゲストが登場いたします。


今回は、パティスリーからではなく「グランメゾン」から迎えたとびきりのスイーツを、レストランに携わる方々へのオマージュを込めてご紹介したいと思います。

池袋で自由学園明日館と催すコーヒー講座。_f0203335_02590951.jpg

# by hibaricoffee | 2021-05-18 02:58  

ル マグノリアから夏のスイーツになったコーヒー「ジュレ ド カフェ」をご紹介いたします。

ル マグノリアの伊東シェフが、お気に入りのコーヒーで作ったジュレ ド  カフェ。


グアテマラ リベルタッド農園 リゼルヴァをたっぷり使ったコーヒーゼリーです。


リゼルヴァが持つ白ワインのニュアンスは、まるで熟成したかのようにより艶やかになり、さらには濃密な甘みと相まって余韻にしっかりとしたコクを感じさせます。


とても美味しい。


厚みのある長い余韻のなかに、いままでにはないテイストのコーヒー感があるから不思議です。


菓子屋はリゼルヴァをコーヒーゼリーに仕立てて、こういう味わいを作るのかと感心しきり。


伊東シェフいわく、菓子屋は菓子の甘みを、加える素材が持つ酸で切るようにしてバランスを取るイメージなのだそう。


対して、コーヒー屋はコーヒーが持つ魅力的な酸を、焙煎により甘みで包み込むようにバランスを取るイメージでしょうか。


伊東シェフが仕立てたジュレ ド カフェで、いままで気づかなかったリゼルヴァの魅力もたっぷり味わえます。


ひばりこーひーが、とても美味しいグラススイーツになりました。

ル マグノリアから夏のスイーツになったコーヒー「ジュレ ド カフェ」をご紹介いたします。_f0203335_18164268.jpg

# by hibaricoffee | 2021-05-17 18:16