<   2015年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

ひばりこーひーの新しいコーヒーをご紹介いたします

ひばりこーひーの新しいコーヒーをご紹介いたします。

コーヒーの世界の頂点、「グアテマラ エルインヘルトスペシャル パカマラ」。
ひばりこーひーの金看板、世界最高の農園「エルインヘルト農園」で選りすぐられた、文字通り世界最高のコーヒーです。

指折りのコーヒーが揃うひばりこーひーでも、皆さまからのひと際高い人気に、おかげさまで買い付けておりました残りの数ももうあと僅か、いよいよ今期最後のご紹介となります。

「グアテマラ エルインヘルトスペシャル パカマラ」その選り抜きのスペシャルのなかでも、最もコーヒーチェリーの熟度が高くなる収穫時期に摘み取られる「コンセプション」と名付けられた、完熟のコーヒーがひばりこーひーのエルインヘルトスペシャル。

非常に洗練されたバランスとともに、南国の花や、完熟したトロピカルフルーツが持つ豊潤な香りに、濃厚な甘味、そして口の中で溶けてゆく滑らかな繊維質の果肉感、複雑さ、まるでたわわに実る極上のマンゴーのような魅力で、グアテマラコーヒーのボディを感じさせてくれます。

コーヒーの世界の頂きに君臨する「エルインヘルトスペシャル パカマラ コンセプション」、今期最後の試飲のコーヒーもご用意して、世界の頂上からの眺めをお楽しみいただきます。

どうぞ、たっぷりとコーヒーの魅力に浸ってください。
f0203335_0261127.jpg

[PR]

by hibaricoffee | 2015-02-24 00:26  

バレンタインデー

今日はバレンタインデーですね、バレンタインデーといえばコーヒーの隣人でもあるチョコレートが主役。

毎年、このバレンタインデーを前に催されるチョコレートの祭典が「サロン・デュ・ショコラ」。

このサロン・デュ・ショコラが日本に紹介されてから、私も毎年楽しみにしていたのですが、年々催事としての色合いが強くなってゆき、今回からは東京での開催期間が短くなってしまいました。

開催期間からあっさりと切り捨てられた「月曜日」は、ひばりこーひーの定休日。
大人げなくも、サロン・デュ・ショコラに行けなくなってすっかりヘソを曲げていたのですが、思いもかけずスタッフのIさんがサロン・デュ・ショコラから素敵なプレゼントをひばりこーひーに届けてくれました。

初来日された2013年のサロン・デュ・ショコラからずっと、ひばりこーひーがご贔屓にさせていただいているフレデリック・アヴェッカーさんのチョコレートで「ショコラ・アソート ベスト オフ」。

初めてのサロン・デュ・ショコラでこのチョコレートを選んでくるなんて、大した目利きですね。

さっそく皆でひとつづついただいて、それぞれが感じた美味しさの感想を交えながら、ひとしきり盛り上がりました。

私が選んだのは「フロコン・ド・プロバンス」、プロヴァンスの雪と名付けられたチョコレートです。

このチョコレートの印象を簡単にご紹介すると、

煮詰めたリンゴの甘みがイチヂクのしっかりとした香りを包むみ、リンゴの味わいとともに洋梨の爽やかで甘く柔らかなコクが寄り添う。

後口には、果実の香りを際立たせていたしっかりとした辛味が拡がり長い余韻へと続く。

食感は、舌の上で溶けて消えゆくチョコレートの滑らかさから、リンゴのジュレが後口から口の中で拡がる甘く刺激的な長い余韻へと繋ぎ、クリスピーなプラリネが軽やかな歯ごたえを加えて、美味しさを五感で味わう楽しみを与えます。

なるほど、プラリネの軽やかな歯ごたえは、まるでサクサクと雪を踏みしめて歩くような、香辛料がしっかりと効いたスペキュロス風味の刺激味は、まるで雪が手のひらの上で溶けてゆく感触にも似ているんですね。

ピエール・エルメのマカロンなどもそうですが、その際立ったブレンドなどの技術力にしっかりと裏打ちされた、この味わいの豊かな表現には本当に唸らされます。

ただ、日本にはブティックもありませんし、海外から取り寄せることもできませんので、サロン・デュ・ショコラでしか楽しめないことがなによりも残念。

今回のサロン・デュ・ショコラでは、パトリック・ロジェ氏のチョコレートも姿がありませんでしたが、ガッカリしても仕方ありませんね、来年のサロン・デュ・ショコラを楽しみにすることにしましょう。

Iさん、ひばりこーひーに素敵なプレゼントを有り難う!

ひばりこーひーも近づく春のブレンドを仕上げましょう。
f0203335_0303635.jpg
f0203335_031042.jpg

[PR]

by hibaricoffee | 2015-02-15 00:31  

ひばりこーひーの新しいコーヒーをご紹介いたします

ひばりこーひーの新しいコーヒーをご紹介いたします。

とびきりのコーヒーに、世界でいちばん太陽に近い土地、赤道直下にある二つの国から好対照なコーヒーが揃いました。

コロンビア エルフトゥーロ農園は、ひばりこーひーの定番「ロスカウチョス農園」や「パレスティナ農園」などと同じ地域「ウィラ」にある農園。

広いコロンビアの数ある地域なかで、最高のコーヒー生産地として必ず名のあがる2つの地域が「ウィラ」と「ナリーニョ」です。
ともに赤道直下という恵まれた環境にある土地で、最高のコロンビアコーヒーを生み出していますが、なかでもウィラの極上なコーヒーには、これぞ「コロンビアマイルド」と唸らせる、とても繊細で滑らかな飲み心地と、甘くまろやかな味わいを持っています。

ひるがえってその香りは、まるでアフリカのコーヒーのような鮮やかさと華やかさがあります。
あくまでもマイルドな味わいに対して、ときに花のように、ときに果実のように際立つ個性と魅力を放つのです。
ブラジルやボリビアなどの南米のコーヒーに対して、コロンビアコーヒーの魅力はむしろ南米らしさにはありません。
「コロンビアマイルド」という言葉が、南米大陸にありながら赤道直下という恵まれた環境が育んだ「南米のコーヒーにはない際立ったコロンビアらしさ」にこそあるということを教えてくれています。

コロンビア エルフトゥーロ農園は、口に含んで拡がるジャスミンの香りに、甘くチェリーのような果実感は、まるでシルクのようななめからさとともに長い余韻へと続いてゆく、まさに極上のコロンビアです。

すべてのコーヒーの生まれ故郷である東アフリカ、なかでもケニアは赤道の真下に位置する最も恵まれた環境を持つ国です。
「ケニア キィ農園」のコーヒーは、明るく滑らかで、花や柑橘系の鮮やかな果実の香りに、時間が経つにつれてゆっくりと顔を出してくるピーチやクランベリーの甘い香りや味わいが、次第に赤ワインへと印象を変えながら長い余韻へと続いてゆきます。

赤道の真下で、太陽から降り注ぐ恵みをいっぱいに浴びながら育てられた完熟のコーヒー達、南米大陸のコロンビアと、アフリカ大陸のケニアという二つの異なる土地が育んだ、それぞれの際立つ個性と魅力を心ゆくまでお楽しみください。

そして、南米ボリビアから新しい農園がメニューに加わりました。

南米を代表する、世界最大のコーヒー生産国ブラジル、そのブラジルコーヒーの魅力というと、甘く穏やかで優しい口当たりという誰もが好む「親しみやすさ」で、これは国際コンテストCOE入賞コーヒーに至るまで変わりません。

それでは、際立った南米の魅力を持つコーヒーとはどんなコーヒーなのでしょう、その答えが「ボリビアコーヒー」です。
残念なことに幾つかの事情から、ボリビアで国際コンテストCOEが催されなくなり、本当に魅力的なボリビアコーヒーが姿を消しまうような時期もあったのですが、当時の国際コンテスト入賞農園としてその名を連ねた、一級の農園から素晴らしいコーヒーをご紹介できることになりました。

今回ご紹介いたしますペドロ農園のコーヒーは、口に含むと甘い果実の香りがいっぱいに拡がり、ピスタチオやミントが見え隠れしながら、後口にかけてヘーゼルナッツのような深みとコクのある長い余韻が続き、南米のコーヒーの魅力を堪能させてくれます。

アフリカはもちろん、中米のコーヒーとも違う、フローラルでもなくフルーティーでもない、南米らしい際立つ魅力とは、木の実が持つ、長い余韻に油脂分を感じさせるコクのある甘さ、香り、口当たり、その木の実のなかでも、カカオはもとより、ヘーゼルナッツやマカダミアナッツのような極上の木の実が放つ魅力を持つのがボリビアコーヒーなのです。
ボリビアコーヒーが持つ、南米らしさに溢れた魅力と美味しさをどうぞお楽しみください。
f0203335_23341226.jpg

[PR]

by hibaricoffee | 2015-02-02 23:35