<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

2012年の最後に

過ぎてしまえば、一年などあっという間。
それでも12月31日の今日まで、皆さまとともに一日いちにち、365もの日々を積み重ねてきたんですね。

おかげさまで今年も素晴らしい一年となりました。
ひばりこーひーを代表いたしまして、心から御礼申し上げます。

新しい年もまた、皆さまとともに素敵な一年にしてゆけますように。
f0203335_0264671.jpg

[PR]

by hibaricoffee | 2012-12-31 23:08  

ひばりこーひーの新しい人気者

先日からご紹介したばかりの新しいブレンドコーヒー「カフェ ロワゾー」。

一袋に一杯づつの小分け包装。
必要なものはカップとお湯だけで場所を選ばない。
準備は袋から出してカップに載せるだけ。
お湯を注ぐだけで誰にでもすぐ淹れられる。
後片付けも使い終わったバッグをそのまま捨てるだけ。

そんな、あっけないほど簡単で、ちょっとあきれてしまうほど便利なドリップバッグタイプのコーヒー。

いままでにない新しいスタイルのコーヒーということもあって、瞬く間にひばりこーひーの人気者となりました。

おかげさまで、あっという間に完売間近。
早くもカフェ ロワゾーの二羽目がひばりこーひーから巣立ってゆきます。

カフェ ロワゾーは、新しいスタイルのコーヒーだけに、お客さまによってそのお使いいただき方も十人十色、それこそ千差万別です。

「病院の入院患者さまへのお見舞い用に」という、なるほどと思わせるお使い方から、「旦那さまのお留守番用に」という、同じ男性としては思わず苦笑いをしてしまうようなお使い方まで。

ひばりこーひーのお客さまからお使い方を伺うたびにいつも感心させられます。

本当に嬉しいですね。
カフェ ロワゾーを頑張って作った甲斐がありました。

ひばりこーひーの新しい仲間「カフェ ロワゾー」と、思い思いの時間をどうぞお楽しみください。
f0203335_0443952.jpg

[PR]

by hibaricoffee | 2012-12-20 00:39  

ひばりこーひーの新しいコーヒーをご紹介いたします

ひばりこーひーの新しいコーヒーをご紹介いたします

初めてご紹介いたしました世界最高のコーヒー、エスメラルダスペシャル ゲイシャは、ご好評のうちに完売をいたしました。
この2週間、エスメラルダスペシャルをご試飲のコーヒーとして欠かすことなくご用意させていただきましたが、いつも店内はひときわ素晴らしい香りに満たされ、皆さまとともにスタッフともども至福の時間を過ごさせていただきました。
こころより感謝いたします。

ひばりこーひーの新しいブレンドコーヒー「カフェ ロワゾー」が、皆さまから強いご要望をいただいておりました「どこででもお湯を注ぐだけで淹れられるドリップバッグコーヒー」としてデビューいたしました。
どこにいても、いつものように、あなたの手にしたカップから魅力に溢れたコーヒーが、あなたを元気に、幸せにいたします。
f0203335_1315683.jpg

[PR]

by hibaricoffee | 2012-12-11 01:22  

ダージリン2012セカンドフラッシュ

ひばりこーひーからとびきりの紅茶をご紹介します。

お待たせいたしました。ダージリンの夏摘み、2012年セカンドフラッシュが揃いました。
ヒマラヤ山脈を臨む、標高2000メートルにも迫るダージリンの茶園。
facebookでもご紹介しています、トイトレインの愛称でも知られるダージリンヒマラヤ鉄道がとびきりの紅茶の産地へと誘います。
世界遺産にも指定された登山鉄道で向かう2000メートル級の高地には、文字通り雲の上の世界が広がります。
どの紅茶もとても及ばない、透明感とともに数えきれないほどの繊細で細やかな味と香りの素晴らしい魅力。
ひとくち口に含むだけで幸福感に満たされる、紅茶のシャンパンと呼ばれる本当の意味がわかります。

タルボ農園 クローナル DJ-166(¥945 / 30g ¥1,575 / 50g)
タルボは、ダージリン西部、ネパールとの国境に接し、標高約1,500mに位置する広大な農園です。
農園からほど近いネパールのタルボ村から働き手が集まることから、タルボ農園と呼ばれるようになりました。
ライチやライムを思わせる甘く、爽やかな香りに加え、かすかにバニラのような滑らかで濃密な甘い香りが漂います。
口に含むとメントールの明るく爽やかな香りがひろがるとともに、花の蜜のような甘味に包まれてゆきます。

ギダパール農園 チャイナムスク DJ-58(¥1,575 / 30g ¥2,625 / 50g)
ギダパール農園は、標高約1,500mに位置する小さな農園です。
マネージャーのMr. S.K.Shaw氏のもとで、およそ100名の働き手により丁寧な茶作りが行われています。
甘く、明るく爽やか、かすかにスパイシーさを含んだ香り。
口に含むと、クリーミーな質感とともに、しっかりとしたボディ、キャラメルのような甘味、ミントやシトラスを感じさせるハーバルな香りがひろがります。
後口にはマスカットやライチを思わせる果実のように甘く、長い余韻が続きます。

エデンベール農園 DJ-2(¥1,575 / 30g ¥2,625 / 50g)
エデンベールは、標高1,160m〜1,500mにある小さな農園です。
その端を世界遺産にも登録されたダージリン鉄道が走り抜けます。
香りはピーチやバナナのような甘い果実に加えて、バニラを思わせる厚みのある濃密な甘い芳香。
口に含むと、明るく、シルキーで、透明感を持ったエレガントな味わいと甘味。マンゴーやパパイヤに加え、キャラメルやヌガーを思わせるような香りや甘味も顔を出します。
上品で優しい甘味は、マスカテルを感じさせる余韻へと続きます。

マーガレッツホープ農園 ティッピークローナル DJ-188(¥1,890/ 30g ¥3,150 / 50g)
マーガレッツホープ農園は、標高約1,000m〜1,970mに位置する大きな農園です。
バラやカサブランカを思わせる、花のように甘く、華やかで濃密な香り。
口に含むと、華やかな花のような香りに濃密な果実のような甘さ、オレンジやベルガモットを感じさせるエレガントな味わい。
後口は、果実感とともに甘味が増してゆき、蜂蜜のように濃密な余韻が続く、とびきりのダージリンです。
f0203335_0514583.jpg

[PR]

by hibaricoffee | 2012-12-11 00:49  

カフェ ロワゾー

先日、巣立っていった新しいブレンド「カフェ ロワゾー」が、ひばりこーひーに帰ってきました。
お帰りなさい、立派になりましたね。

さっそく、皆でワイワイガヤガヤと淹れてみます。
好みの味わいはコーヒーの濃さで調整します。

ゆっくりお湯を注いで、少しばかり時間をかけて淹れるとしっかりとした濃厚なコーヒーに。

リズムよくお湯を注いで、手際良く淹れてあげると、優しくて穏やかなコーヒーになります。

しっかりと濃厚に淹れて、少しづつスプーンでお湯を足してゆくと、ご機嫌なオーディオシステムのヴォリュームを調整するように、スムースに心地よく味わいが変化してゆきます。

濃過ぎるとくどくなりますし、薄過ぎると味気なくなりますが、一線を越えるまではどんなさじ加減でも味のバランスが崩れることはありません。

これで皆さんに、旅先やオフィス、どこででも美味しさを諦めずにいつものようにコーヒーを楽しんでいただけます。

いつ、どこで、どんなふうにお飲みいただけるのでしょう。

嬉しくて、昨夜は子供のように枕元までドリップバッグをもってゆき、皆さんが「カフェ ロワゾー」をお手に取られるシーンに思いを馳せながら、眠りにつくまでパッケージをためつすがめつ眺めていました(笑)

さっそく今月後半には、ひばりこーひーのスタッフとともにベトナム、カンボジアへと旅だってゆきます。
f0203335_2321648.jpg

[PR]

by hibaricoffee | 2012-12-03 02:29