人気ブログランキング |

2009年 06月 25日 ( 2 )

 

ロワゾー・ド・リヨン

ひばりの巣箱の中にはリヨンの小鳥、「こまどり(ルージュゴージュ)」
が住んでいます。

天井から吊られた黒板の下にたたずむ立派な冷ケース、ちょっとコーヒー
専門店には似つかわしくないかも知れません。

それもそのはず、実は、テレビや雑誌などでも知られています加登シェフ
のパティスリー、「ロワゾー・ド・リヨン」の本店で使われていたメイン
の冷蔵ショーケースなのです。

コーヒーロースターが命の次に大事するものがあるとすれば、焙煎機で
しょうか。

では、パティシェが命の次に大事にするものがあるとすれば、さしずめ
ラショナルやバッケンなどのオーブンになりそうなのですが、違います。

それこそが、冷蔵ショーケースなのだそうです。

ましてやこの冷ケースは、氏が初めて手にされたご自身のショーケース
ですから、それこそ細部に至るまでシェフが想いを込めて特別注文した
どこにもないワンオフモデルに仕立てられています。

ロワゾー・ド・リヨンで、この冷ケースの中に並べられた宝石のような
ケーキをワクワクしながら選んでいたのは、まだ去年のことです。

養生を解かれ「ひばりこーひー」の店舗にたたずむ姿を見て、胸が熱く
なりました。

冷ケースを長い間お預かりいただき、丁寧にリコンディションをしていた
だいた「ダイヤ冷ケース」の皆さまにも心から感謝をしています。

フランス菓子についての情報サイト、「メレンゲネット」さんのページに
ロワゾー・ド・リヨンの開店を待つ冷ケースの姿があります。

フランス菓子のお勉強支援サイト MERINGUES NET
http://www.ne.jp/asahi/meringues/net/boutiques/lyon.htm
f0203335_314596.jpg

by hibaricoffee | 2009-06-25 03:14  

ひばりの巣箱

巣箱のような小さなお店に、なんと、本当の巣箱が作り付けられました。

デザインを担当してくださった大井先生、施工を担当してくださった福田社長、お二人が感慨深く見つめます。

道ゆく人達も、みな一様に巣箱を見上げて通ります。

そんな様子を観察していると、顔なじみになったドライバーの方が手を振りながらクラクションを鳴らして通り過ぎてゆきました。

不思議なことに誰の表情にもみな笑みがこぼれるのです。

途切れなく続く皆さんの笑顔がとても印象的でした。

店内もきょう一日は力仕事ばかり、天井から重い重い黒板を吊り、主だった什器を据えることができてようやっと先が見えました。
f0203335_1311377.jpg

by hibaricoffee | 2009-06-25 01:28