人気ブログランキング |

サロン・デュ・ショコラ 2013

今回、日本に始めて紹介されるフレデリック・アヴェッカーさん。
2011年にショコラ部門のM.O.F.(フランスの国家最優秀職人章)を授与されたそうです。

私が興味を惹いたのは、メキシコ、チベット、スリランカ、エジプトなど、世界の国名をつけたショコラアソート。
それぞれの国に思いを馳せたショコラで、その土地を訪れた気分になれる「ショコラの旅」というのが素敵ですね。

I さんは実家のご両親に、N さんはお父さまの誕生日プレゼントに選びました。
大切なプレゼントにサインをしてくれた、アヴェッカーご夫妻とともに記念写真も。
フレデリックさんの奥さまはチベットの方で、聖人という意味の「ラマ」の名を持っているそうです。


毎年、お会いしている大好きなシェフ、ファブリス・ジロットさん。

ジロットさんの魅力のひとつが、素晴らしいジュレ。
今年は、高価な新作のチョコレートを惜しげもなく試食に出していたのですが、驚くのはその大きさ。
それだけで新作の魅力をたっぷりと味わえてしまうくらい。

I さんは、その大きなハートの凝ったチョコレートを、奥さまのバースデープレゼントに選びました。
テレビの取材が終わってちょうど会場を後にするところだった私服のジロットさん、今年も運良くお会いでき、I さんは奥さまへのメッセージまでいただいてしまいました。

どのシェフもみな、本当に細やかで気さくですね。

かつて、日本の製菓の世界では、イルプルーの弓田シェフや、オーボンヴュータンの河田シェフ達が、洋菓子の世界を「ケーキ屋」から「パティスリー」にまで引き上げたといいます。

ひばりこーひーの密やかな目標のひとつが、コーヒーを、パティスリーの世界にまで引き上げること。
スペシャルティコーヒーにならできるハズです。
f0203335_2554934.jpg

by hibaricoffee | 2013-01-29 02:56  

<< ひばりこーひーの新しいコーヒー... サロン・デュ・ショコラ 2013 >>